SUZUKI PHAMACY

鈴木薬舗|福島県二本松市にある相談専門薬舗

 
けんたろう処 健康情報処 商品紹介 こだわり 改善例 店舗紹介 お問い合わせ

メニュー

店舗紹介

店舗紹介

 

福島県二本松市にある相談専門薬舗。漢方・アトピー性皮膚炎・不妊症・更年期・ガン・糖尿病なら鈴木薬舗にお任せ下さい。

>>>詳しくはこちら

 

けんたろう処

HOME»  けんたろう処»  店長ブログ

店長ブログ

BOOK ライフスタイル 店長ブログ
  • 件 (全件)
  • 1

漢方薬と中成薬と生薬が入っている健康食品

漢方相談薬局として仕事をしていると、多くのことに驚かされることが多々ある。
いわゆる医薬品の許可をとっているものを中心に出している中で、中国では医薬品のようなものや日本では医薬品にならない生薬の健康食品。

お客様を治療する上で色々なことを考えてチョイスするのだが、必ずしも医薬品がNo.1の力を持っているわけではない。

清涼飲料水の枠になってしまうようなものでも、風邪の改善にとてもよかったとお客様から声を頂戴することもある。
だからとても難しいのだが。

素人目からみると「医薬品」の称号は強い。
薬局でもせっかく、当店にご来店いただき、相談しながら漢方薬や色々なものを選定するのであれば、スマートに1番早く治るものを紹介したいといつも感じる。

漢方相談専門の薬局にはホントにいいものがいっぱい。
医薬品にこだわらず、たまに専門家に流されるのもいいかもしれない。

2015-06-17 09:54:14

コメント(0)

Facebookと連携して情報をお届けいたします。

現在、あまりアトピー性皮膚炎に対しての記事を更新していません。
大変ご覧になっていただいている方には、ご不便をお掛けしております。
本来なら多くの症例をあげていきたいところで、アトピー性皮膚炎のステロイド離脱に関することや自家感作性皮膚炎との違い、化粧品トラブル…。
多くの相談の症例を載せたいと思っております。

しかしながら、今や関東圏にまで及ぶ問題になっている放射性物質の拡散による子供たちや大人の甲状腺のう胞や結節にも力を入れています。

ほぼ毎日のように、エコー検査による結果で「A2」判定をもらい、子供さんの将来を案じて涙目でやってくるお母さんたちがあとを絶ちません。
私達ができること、中医学でアプローチできる最高の方法を日々模索しております。

福島県で中通りで暮らせないことはないと思っておりますが、人一倍の工夫と自己防衛が必要となってきます。
私も二本松市にいます。子供たちもいます。0歳・1歳・3歳。
不安にさいなまれる時も多いですが、今、私ができる最大限の方法で防衛させています。

1人で悩まないで下さい。子供の将来を明るくすべく、一緒に悩み、解決していく所存です。
お気軽にご相談にお寄りください。

お時間にお席をご用意しておきますのでお電話いただいてからだと円滑に進みますので、ご協力お願いします。

エコー検査をしてくれ、アドバイスを頂ける病院も探しておりますので、併せてご相談いただければ幸いです。

2015-06-17 09:53:20

コメント(0)

政府と東電ののろさ。。。

亀さんのように何でも遅く、まずは『健康に影響はない範囲です。』ばかり。
福島県の子供の尿から検出されたセシウム。
もっとはやく尿検していれば、混乱を招く数値になっていたでしょう。
時間をはかったのかとも思われかねません。
ホールボディカウンターでも多くの子供たちの甲状腺にヨウ素が見つかりましたよね。
これだって、甲状腺がんが5年後に発生したとしたら、因果関係は・・・。
などと言うのでしょう。

国会や原発は遅れても、被曝は遅れてくれません。
私の家は除染をできるだけ徹底してやっているので、0.2付近です。
これでもはっきり言って危険ですし、これだけやってここまでしか下がらない自分にも腹立たしいです。
もし福島県の中通りでお困りの方できる限りの外部内部被曝の除染法をお教えしますので、ぜひともご連絡下さい。
みんなでチカラを結集すれば、もっと綺麗にもっと線量を下げられて子供たちの将来が輝くのではないでしょうか??
我々、大人の巻き添えになっている子供たち…。

毎日、毎日、何も知らすに無邪気にはしゃいでる息子・娘にグッと涙がこぼれそうになります。

どうか何もこれからの子供たちに起こりませんように…。

どうか福島の大地を子供たちが無邪気に駆け巡れますように…。

2015-06-17 09:52:41

コメント(0)

新型インフルエンザ

医療従事者というのに、やっと予防接種を受けて参りました。
しかも、乳幼児の父母という事で。。。

本来なら皆様より先に受けて、副作用の実験台的存在にならなければならないのに…。

でも、これで店頭に新型インフルエンザの方が来ても少し安心できますよ。

実際は、生まれてこの方『インフルエンザ』にかかったことの無い私なのですが…。
やはり今回は肺にくるということで怖いですので。

薬局では新型インフル対策は万全です。
何でもお気軽にご質問下さい。

それでは。

2015-06-17 09:52:13

コメント(0)

お久しぶりです!!

久々の更新になってしまいました…。反省。
先日、お客様でプチ鬱の方がいらっしゃいまして、何でも話を聞くと最近落ち込みが激しいとのこと

前まではこんなことはなかった…とおっしゃっていたので、まずは、元気をつけましょうとコンクレバンを
おすすすめしました。

3日後…。


『何なんですか?!この薬!!』っとお客様。
なんと3日ですごく身体が楽になり、落ち込みもなくなったとのこと。

『肝臓加水分解物からセロトニンやノルアドレナリンが造られ自律神経を安定させたんですよ?^^』と解説。

とても笑顔が素敵になって帰られました。

何だか、お客様から自分もパワーをもらった感じです。

2015-06-17 09:51:51

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1