SUZUKI PHAMACY

鈴木薬舗|福島県二本松市にある相談専門薬舗

 
けんたろう処 健康情報処 商品紹介 こだわり 改善例 店舗紹介 お問い合わせ

メニュー

店舗紹介

店舗紹介

 

福島県二本松市にある相談専門薬舗。漢方・アトピー性皮膚炎・不妊症・更年期・ガン・糖尿病なら鈴木薬舗にお任せ下さい。

>>>詳しくはこちら

 

HOME»  アトピー性皮膚炎と紅皮症

EXAMPLE 改善例

 

アトピー性皮膚炎と紅皮症

初回来局日

 

ステロイド使用歴約13年、最近ステロイドでも悪化し、コントロールが効かない、保湿剤が手放せないとのことで、脱ステロイド志願で来局。写真の顔はステロイドでしっかり抑えられているため、かなり普通。

初回来局日

   

 

初回来局日

 

手はかきむしりで少々悪化気味。
ステロイド使用の意味と脱ステロイドに関してのお話を長い時間をかけてさせて頂きました。
約13年間の使用歴だとステロイドリバウンドもかなりのもの。
このことについては、病院や学校とも連携をとれるようにお話しました。
テストが近いとのことで夏休みに入ってから開始と言うことで決定。

初回来局日

 

 

8月から徐々にリバウンド

 

お腹は全体紅皮症の状態。スキンケアと中成薬を決めしっかり服用してもう様にしていただき
ました。

8月から徐々にリバウンド

   

 

リバウンドによる顔の腫れ

 

顔も同様、かなりの赤みとジュクジュク感。
少しピンボケですが初回とは全く違います。
これがステロイドリバウンド。

リバウンドによる顔の腫れ

   

 

少し赤みと腫れが引く

 

この辺から免疫系の健康商品をプラス。
赤みとむくみが弱冠落ち着き気味に…。

少し赤みと腫れが引く

 

 

手は依然として赤く固い皮膚

 

いわゆる『象皮』と言う感じです。
でもこの辺は1番辛いはずなんですが、本人・家族の皆様かなり熱心に治療に従事していただいておりました。感謝。

手は依然として赤く固い皮膚

 

 

足も手と同じ状態よりひどいかな。

 

何せ苦戦したのが足・すねです。
歩くこともままならないくらいひどく、腫れあがり、皮膚は脱落してしまっていました。

足も手と同じ状態よりひどいかな。

 

 

9月よりは…。

 

9月よりは少々落着いてきたもののかなりの赤みとかゆみで、夜はほとんど眠れない状態が続いておりました。

9月よりは…。

 

 

10月に入りグッとよくなってきました。

 

チラッとお店に来たので、あまりに状態のいい顔を写真に。
この頃からドンドン回復していく感じがわかってきます。
ステロイドリバウンドから抜けてきています。

10月に入りグッとよくなってきました。

 

 

手の色に注目!!

 

あんなに赤みのあった手が…白い手に。
痒みもほとんどなし。後は皮膚を柔らかくするスキンケア!!

手の色に注目!!

 

 

顔が・・・。

 

かなり良くなってますよね!!
一時期の腫れはどこへ行ってしまったのでしょうか??

顔が・・・。

 

 

背中はまだ少し…。

 

背中・お腹にはまだ少し赤みがあるものの、痒みは皆無とは行きませんが、あまり掻いているあとがないのが見えるでしょうか??

背中はまだ少し…。

 

 

もうわかりません。

 

見た目はもうアトピー性皮膚炎だとはわからないくらいです。
よかった。

もうわかりません。

 

 

カサカサのみ

 

足のカサカサはあるものの、半年前には考えられないくらいの状態!!

カサカサのみ

 

 

治療開始から1年

 

もう何にもわかりません。
顔を見てアトピーの子だと思いますか??

治療開始から1年

 

 

あんなに赤かったお腹が…。

 

普通の子のお腹よりキレイかもしれません。
何にも言うことなし!!

あんなに赤かったお腹が…。

 

 

象皮だった手も…。

 

少しだけ痕は残っているものの、キレイに戻りました。

象皮だった手も…。

 

 

足こんなに細かったっけ??

 

あの壮絶な治療中の足を見ていたので子の細くきれいになった足にまた感動。

足こんなに細かったっけ??

 

 

まとめ

 

13年間と言う長きに渡って使用してきたステロイド・保湿剤を一切止め、漢方薬とスキンケア、健康食品を使って治療しました。
治療する側とされる側、50:50が成り立たないと、半年ではこんなひどいアトピーはよくならなかったと思います。
涙が止まらないぐらい辛かったステロイドリバウンドをよく乗り越えたと思います。
これから生きていく中での大きな糧になるのではないかと思うし、そう信じています。

※いくら治ったとはいえ、スキンケア・漢方薬は相変わらず続けて、美顔を目指して奮闘中です。症例ご協力ありがとうございました。

まとめ

 

 

戻る

 

お問い合わせ

鈴木薬舗へのお問い合わせはこちら